電力システム研究室  Power and Energy System Lab.

学術雑誌論文

ページの先頭へ

総説・解説・評論等

ページの先頭へ

招待講演

  1. 原亮一, 「ブラックアウトの教訓とマイクログリッド」, バイオミメティクス市民セミナー (2020/02/01)
  2. 原亮一, 「マイクログリッド技術の理想と現実」, 北オホーツク地域バイオマスセミナー (2020/01/21)

ページの先頭へ

その他の論文

ページの先頭へ

口頭発表

  1. 川島 伸明,原 亮一,北 裕幸:「スマートインバータ群を含む配電系統の縮約 -同一地点に連系されたスマートインバータ群の縮約手法の基礎検討-」,令和2年電気学会全国大会,東京,6-84 (2020)
  2. 神山 修平,原 亮一,北 裕幸:「発電機ユニットのクラスタリング手法による発電機起動停止計画」,令和2年電気学会全国大会,東京,6-99 (2020)
  3. 小田代 朋也,原 亮一,北 裕幸:「需要家間P2P電力取引に関する検討-経済的メリットのポテンシャル評価-」,令和2年電気学会全国大会,東京,6-114 (2020)
  4. 久井 智晴,原 亮一,北 裕幸,酒井 誠二,西島 栄伺,平尾 宏明:「配電系統における需要家側リソースの利用可能量評価に関する基礎検討」,令和2年電気学会全国大会,東京,6-147 (2020)
  5. 横山 凌,石川 志保,原 亮一,北 裕幸:「乳牛ふん尿のバイオガス化による総合的利用システムの開発 -実測出力データに基づくBG制御手法の提案-」,令和2年電気学会全国大会,東京,6-199 (2020)
  6. 鈴木 隆之介,原 亮一,北 裕幸,泰間 智也,庄司 智昭:「オフグリッド配電系統における供給信頼度を考慮した可制御電源・蓄電池の最適運用手法の提案-供給支障時の蓄電池利用分の補充の考慮-」,令和2年電気学会全国大会,東京,6-207 (2020)
  7. 大澤 拓門,原 亮一,北 裕幸,泰間 智也,庄司 智昭:「最適確率潮流計算を用いたオフグリッド運用計画手法 ― AVR整定を含む運用計画の検討 ―」,令和2年電気学会全国大会,東京,6-208 (2020)
  8. 喜田 勇志,原 亮一,北 裕幸:「水素製造プロセスを需要として含むマイクログリッドの最適運用-最適化に基づく計画作成の効果-」,令和2年電気学会全国大会,東京,6-209 (2020)
  9. 劉 倬驛,原 亮一,北 裕幸:「CEEMDとリカレントニューラルネットワークを用いた風速予測システムの開発」,令和2年電気学会全国大会,東京,7-55 (2020)

ポスタ発表

ページの先頭へ

卒論・修論・博論

卒業論文

  • 三村和輝「災害時の停電を考慮した分散型電源の最適配置と配電系統自立運転の効果」
  • 山本風悟「需給調整に貢献するコージェネレーションシステムの種類別経済性評価」
  • 吉澤優樹「再生可能エネルギー電源の出力変動抑制に用いる蓄電池の集約効果」

修士論文

  • 神山修平「確率論的アプローチに基づく発電機起動停止モデル及び当日運用モデル」
  • 小牧祐太「コージェネレーションシステムと蓄電池の協調が需給調整の貢献に及ぼす影響」
  • 藤田宏輝「需要家用蓄電池を用いたオフグリッドの運用・制御手法の開発」
  • 横山凌「再生可能エネルギー電源導入拡大を目的としたバイオガス発電機活用の検討」

ページの先頭へ